ソーシャルメディアで共有する

大学入試センター試験日本史B(2012年度本試)

2017/02/14 投稿

2012年度大学入試センター試験日本史B(本試)の入試分析です。


第1問
問1

  • ① 誤り。 正倉院の鳥毛立女屏風は奈良時代で唐の時代のものである。宋の時代のものではない。
  • ② 誤り。 濃絵の屏風は桃山文化で、平安時代の文化ではない。平安時代の絵は大和絵である。
  • ③ 正しい。
  • ④ 誤り。 江戸幕府の御用絵師が錦絵を書くことはない。錦絵を始めたのは鈴木春信である。

問2

  • b・cが正しい。
  • a 誤り。鎌倉時代に三味線がない。平家物語の弾き語りは琵琶である。
  • d 誤り。ラジオ放送が放送されたのは1925年の大正時代である。

問3

  • Ⅰ 戦後、1950年に制定。
  • Ⅱ 戦後、原爆ドームが1996年に世界文化遺産に登録された。
  • Ⅲ 明治時代

問4

  • ア 堂塔=寺院にある。
  • イ 墳丘=古墳時代

問5 省略

問6

  • ① 誤り。 奈良盆地に水城は築かれていないので、誤り。大野城が正しい。
  • ②・③・④は正しい。

第2問
問1

  • ①誤り。 国造は中央から派遣されたわけではない。地元の豪族から選ばれた。
  • ②正しい。
  • ③誤り。 初期荘園は8世紀後半から9世紀までに大寺社や貴族が開発・買得により成立した。国造が初期荘園を管理したわけではない。
  • ④誤り。 出羽ではなく筑紫。

問2

  • ①~③正しい。
  • ④誤り。 木綿は奈良時代には普及していない。民衆に普及するのは17世紀以降の江戸時代。

問3

  • b 史料に東国を意味する言葉がない。
  • d 在庁官人とは11世紀以降の平安時代で、万葉集の言葉ではない。

問4

  • ア 勅撰漢詩文集は凌雲集である。
  • イ 律令・格式はセットで覚える。

問5 省略

問6 省略

第3問
問1
ア 省略
イ 吾妻鏡;歴史書で編年体で編纂。
  愚管抄;慈円。国初から承久の乱までの歴史書で、道理によって究明した。

問2

  • X 正しい。
  • Y 誤り。 御成敗式目は武家社会にのみ適用されたため、律令や公家法を否定していない。

問3

  • ① 正しい。
  • ② 誤り。 鎌倉時代に鉄砲隊はいない。
  • ③ 誤り。 大原女は鎌倉ではなく、京都の女性商人である。
  • ④ 誤り。 商品の中継ぎや運送を行うのは問(問丸)で、借上は高利貸業者である。

問4

  • I 4代将軍足利義持の頃である。
  • Ⅱ 南北朝時代の動乱期である。
  • Ⅲ 史料の源道義とは3代将軍足利義満のことを指す。

問5

  • ①誤り。 北山文化は3代将軍足利義満の頃である。
  • ②誤り。 浄土真宗ではなく禅宗である。
  • ③正しい。
  • ④誤り。 長谷川等伯は桃山文化の頃の画家である。

問6

  • ①・③・④が正しい。
  • ②は誤り。 北条氏康ではなく北条早雲が正しい。北条氏康は早雲の孫である。

第4問
問1
ア 農業全書は宮崎安貞の著書で、17世紀末である。
  広益国産考は大蔵永常の著書で、19世紀半ばである。

問2 省略。

問3

  • Ⅰ 幕末の出来事である。
  • Ⅱ 木下順庵の門下生には新井白石と雨森芳洲がいる。
  • Ⅲ 藤原惺窩は徳川家康から徳川家綱まで使えた儒学者である。門下生として林羅山がいる。

問4

  • ①誤り。 入会地や用水の管理は村役人を中心とする村民が行っていた。
  • ②誤り。 村役人は本百姓で、苗字・台頭を許された者ではない。
  • ③誤り。 農業にかかわることを禁止されたわけではない。
  • ④正しい。

問5

  • a・c 正しい。
  • b 誤り。 札差は俸禄米を受け取る家臣(旗本・御家人)に代わって受取・売却を請け負う。村役人の金融ではない。
  • d 誤り。 旗本・御家人は幕府から俸禄米と領地を与えられている。質流れで領地を集積することはあり得ない。

問6

  • X 誤り。 徳川家茂が間違いで、徳川家綱が正しい。
  • Y 正しい。

第5問
問1

  • a・d 正しい。
  • b 誤り。 台湾は日清戦争後の下関条約で植民地になった。台湾総督府が置かれた。
  • c 誤り。 日露和親条約では樺太は両国民雑居の地となった。

問2

  • ①誤り。 征韓論は大久保利通らに反対され、西郷たちは下野した。
  • ②誤り。 日朝修好条規は日本に有利な不平等条約であり、対等ではない。
  • ③正しい。
  • ④誤り。 日本と清国を入れ替えると正しい文になる。

問3 省略

問4

  • ①誤り。 アメリカの法律学者ではなく、モッセはドイツ人の法律学者である。
  • ②誤り。 史料に「無休にして其職を執らしむるを要す」より無給である。
  • ③正しい。
  • ④誤り。 史料に「名望ある者を挙げて此任に当らしむ」より名望家が担当。

第6問
問1

  • ア 黎明会;吉野作造らが結成したデモクラシー思想の拡大を目的にした団体。
  • イ 1922年より治安警察法が当てはまる。治安維持法は1925年に成立。

問2

  • a・cは正しい。
  • b誤り。 ワシントン海軍軍縮条約は立憲政友会の高橋是清内閣の時である。
  • d誤り。 1932年の五・一五事件以降、政党内閣は復活していない。1933年の国際連盟脱退通告は海軍の斎藤誠内閣の時である。

問3 省略

問4

  • ①誤り。 地方改良運動は日露戦争後である。
  • ②正しい。
  • ③誤り。 防穀令が出されたのは1889年で、朝鮮が大豆・米の対日輸出を禁止した命令である。
  • ④誤り。 ぜいたく品の消費は禁止された。

問5

  • b・dは正しい。
  • a 誤り。 食糧増産ではなく、従軍看護に動員された。
  • c 誤り。 看護要員ではなく、労働力不足を補うために女性を勤労動員する組織である。

問6

  • ①誤り。 保安条例は1871年で自由民権運動を弾圧するための法律である。教職追放が正しい。
  • ②誤り。 省略。
  • ③誤り。 朝鮮戦争が始まると、レッド=パージを強化した。
  • ④正しい。

問7

  • ①・③・④は正しい。
  • ②誤り。日本社会党はサンフランシスコ平和条約をめぐって1951年に分裂したが、1955年に再統一した。

問8

  • Ⅰ ロッキード事件
  • Ⅱ 1948年
  • Ⅲ 1954年、第5次吉田内閣
UA-22920141-3